世界の見本市一覧

見本市は業界のトレンドを肌で感じる絶好の機会。ここでは必見の国際見本市をピックアップするとともに
取扱可能な見本市のリストを掲載します。

おすすめ見本市

取扱可能見本市リスト

食品・流通関連

SIAL

食の都パリが誇る総合食品見本市

ANUGA、FOODEX JAPANと並ぶ世界3大食品見本市の一つ。同見本市内で開催される世界的なヒット商品のコンクール「シアルドール」は、その大きな権威で知られる。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    飲料、青果、冷凍食品、加工食品、オーガニック食品、パン、魚介、精肉、乳製品、食品加工機械、ワインほか

  • 開催周期

    2年ごと(10月)

SIAL China

パリのSIALが中国・上海に進出

パリで発足した総合食品見本市SIALの中国版。本家同様、世界中からメーカーやバイヤーが集まり、成長著しい中国市場に進出する機会を得るための、貴重な場となっている。

  • 開催地

    中国・上海

  • 取扱品目

    飲料、青果、冷凍食品、加工食品、オーガニック食品、パン、魚介、精肉、乳製品、食品加工機械、ワインほか

  • 開催周期

    年1回(5月)

ANUGA FoodTec

食品の加工処理技術に関する総合見本市

3年に一度ケルンで開催される食品加工のメッセ。1,500を超える世界のトップ企業が参加し、食品加工における最新のソリューションが分かりやすく公開される。

  • 開催地

    ドイツ・ケルン

  • 取扱品目

    食品加工機械、缶詰・瓶詰・包装機械、包装資材、殺菌装置、搬送システム、冷凍技術、食品加工技術ほか

  • 開催周期

    3年ごと(3月)

THAIFEX

ANUGAがタイを舞台に展開する食の見本市

ケルンで開催されている国際的な食の見本市ANUGAが、そのノウハウを活かしタイ・バンコクで開催する食の祭典。アジア全域をカバーする見本市として注目を集めている。

  • 開催地

    タイ・バンコク

  • 取扱品目

    食品、飲料、ハラル食品、冷凍食品、食品技術、ケータリング、ホスピタリティサービス、小売、フランチャイズほか

  • 開催周期

    年1回(5~6月)

FOODEX JAPAN

開催40回を超える食品・飲料専門展示会

1976年より毎年開催されている専門展示会。「食」にかかわる最新情報とより良いサービスの提供をテーマとしており、ビジネス拡大の場として関係者から高い評価を得ている。

  • 開催地

    日本・千葉(幕張)

  • 取扱品目

    青果、加工食品、調味料、香辛料、麺類、穀物、乳製品、デザート、コーヒー、紅茶、日本茶ほか

  • 開催周期

    年1回(3月)

FHC China

上海で開催されるアジア最大級の食品展示会

開催は20回を超える、アジア最大級の食品総合見本市。主催者は海外からの出展勧誘に注力しており、入場は商談目的のバイヤーに限定されるが、例年、数万におよぶ集客を誇る。

  • 開催地

    中国・上海

  • 取扱品目

    食品、飲料、精肉、健康食品、食油、レストランサービス、クリーニング、衛生設備、サプライ、ケータリングほか

  • 開催周期

    年1回(11月)

HKTC Food Expo

中国進出の足がかりとなる食品見本市

日本の食品・農林水産物の輸出先第1位の香港。経済成長を続ける中国へのゲートウェイとしても注目されるだけに、中国への進出をもくろむメーカーが熱い視線を送る見本市。

  • 開催地

    中国・香港

  • 取扱品目

    パン、飲料、菓子、缶詰、冷凍食品、インスタント食品、乳製品、青果、精肉、魚介、香辛料、オーガニック食品、パスタほか

  • 開催周期

    年1回(8月)

シラ国際外食産業見本市

美食の街リヨンで開催される外食産業向け展示会

美食の街として知られるフランス・リヨンに、外食産業のプロフェッショナルが集うBtoBの見本市。新しい食材や調理法を求めて、世界中から多くの有名シェフが参加する。

  • 開催地

    フランス・リヨン

  • 取扱品目

    生鮮食品、加工食品、冷凍食品、乳製品、飲料、調理設備ほか

  • 開催周期

    2年ごと(1月)

IPPE

アトランタで開かれる世界最大の養鶏産業展示会

アメリカ最大のブロイラー産地アトランタで開催される養鶏産業専門の展示会。世界の養鶏機器や動物用医薬品、飼料のメーカー、鶏の育種会社などが大型のブースを出展する。

  • 開催地

    アメリカ・アトランタ

  • 取扱品目

    養鶏・鶏卵産業関連機械設備、サービスほか

  • 開催周期

    年1回(2月)

BIOFACH

インターナショナルなオーガニックの祭典

健康志向、環境保全志向の高まりから、2017年には500億ドルに迫る規模に成長したオーガニック市場。BIOFACHには有機食品をメインに、あらゆるオーガニック製品が集まる。

  • 開催地

    ドイツ・ニュルンベルク

  • 取扱品目

    有機食品、天然繊維、自然化粧品、玩具、調度品、家庭用品、ギフト用品ほか

  • 開催周期

    年1回(2月)

iba 国際製パン・製菓機材総合見本市

製パン・製菓業界のエキスパートが世界中から集結

製パン・製菓に関する業界最大の国際専門見本市。製造機械などの新製品だけでなく、セールスサービス関連の出展も多く、業界の注目度は高い。

  • 開催地

    ドイツ・ミュンヘン

  • 取扱品目

    パン製造機械、原材料、空調技術、店舗設備、オーブン、包装技術、冷凍発酵技術、セールスサービスほか

  • 開催周期

    3年ごと(9月)

モバックショウ

製パン・製菓業界の未来を拓く総合専門展

1971年より日本で開催されている製パン・製菓の総合見本市。製パン・製菓に必要な設備、器具、原材料などが多数展示されるビジネスショーとして評価を受けている。

  • 開催地

    日本・千葉(幕張)

  • 取扱品目

    製パン・製菓機械、食品包装機械、製粉機械、厨房機器、冷蔵機器、店舗設備、原材料、冷凍生地ほか

  • 開催周期

    2年ごと(2月)

MIHAS

マレーシアで開催される「ハラル製品」の祭典

マレーシア貿易開発公社が主催する世界最大級のハラル製品の見本市。その市場規模は16億人、2兆ドルを超えるとも言われ、毎年多数のメーカー、バイヤーがクアラルンプールに集う。

  • 開催地

    マレーシア・クアラルンプール

  • 取扱品目

    食品、飲料、医薬品、化粧品、観光、電子商取引、物流ほか

  • 開催周期

    年1回(4月)

IFFA

ハムの本場ドイツで開催される一大コンテスト

3年に一度フランクフルトで開催される食肉加工の国際的なコンテスト。ハム、ソーセージはもちろん、ゼリー寄せ、血液ソーセージなど日本ではなじみが薄い製品まで幅広く扱う。

  • 開催地

    ドイツ・フランクフルト

  • 取扱品目

    食肉処理・加工機器、薫製装置、塩漬け・ボイル用設備、調理器具、スパイス、貯蔵技術、店舗機器ほか

  • 開催周期

    3年ごと(5月)

FOOD TAIPEI

台湾最大級の総合食品見本市

日本の農林水産物・食品の国別輸出先として重要な位置を占める台湾で開催される食品見本市。当地では日本食への関心が高く、新規参入を目指すメーカーは要注目の展示会。

  • 開催地

    台湾・台北

  • 取扱品目

    青果、精肉、魚介、加工食品、食用油、乳製品、冷凍食品、缶詰、焼き菓子、ワイン、コーヒー、紅茶、調味料ほか

  • 開催周期

    年1回(6月)

EuroShop

ヨーロッパで権威ある店舗設備の展示会

3年に一度、世界中の小売業界関係者が集結するリテール業界随一の見本市。国際性の高さが特徴で、来場者の6割以上が海外からデュッセルドルフを訪れる。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    店舗設備、棚、照明器具、ショッピングカート、業務用冷蔵庫、レジ、プリンター、在庫管理ソリューションほか

  • 開催周期

    3年ごと(3月)

Interpack

世界最大の包装産業メッセ

包装材料の製造から加工、さらにはディストリビューション、品質保持、消費者保護までをテーマとして扱う見本市。食品、飲料、製菓業界はもちろん、製薬、化粧品などの分野からも高く評価されている。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    食品、飲料加工、包装機械、製菓・製パン機械、包装資材、包材加工機械、輸送機械、サービスほか

  • 開催周期

    3年ごと(5月)

自動車・輸送・航空

フランクフルトモーターショー

世界最大級のモーターショー

来場者24万人を超える世界最大級のモーターショー。ドイツのフランクフルトとハノーバーで1年ごとに交互開催されており、フランクフルトでは乗用車の新モデルが展示される。

  • 開催地

    ドイツ・フランクフルト

  • 取扱品目

    乗用車、自動車部品、自動車関連サービスほか

  • 開催周期

    奇数年開催

ハノーバーモーターショー

2年に一度開催される商用車の祭典

一方のハノーバーではトラック、トレーラーなどの商用車に加え、カーアクセサリー、インテリア用品、輸送サービス、車両交通の新しいテクノロジーなどが展示される。

  • 開催地

    ドイツ・ハノーバー

  • 取扱品目

    トラック、トレーラー、軽商用車、バス、特殊自動車、車両用荷台車、コンテナ、インテリアパーツ、アクセサリーほか

  • 開催周期

    偶数年開催

北米国際オートショー

北米で開催される世界3大モーターショーの一つ

日本では「デトロイトモーターショー」として知られる。毎年1月に開催されるため、各国メーカーがその年のトレンドをリードすべく新モデルを披露する場として有名。

  • 開催地

    アメリカ・デトロイト

  • 取扱品目

    新型自動車、スペシャルカーほか

  • 開催周期

    年1回(1月)

パリモーターショー

世界で最も長い歴史を誇るモーターショー

1898年に創設された世界最古のモーターショー。1986年以前は「Salon de l'Auto」という名称で開催されており、日本では長らく「パリサロン」の名で親しまれてきた。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    乗用車、商用車、車体、自動車部品、自動車関連製品、サービスほか

  • 開催周期

    2年ごと(10月)

ボローニャモーターショー

レーシングカーも登場する車の総合ショー

新型の乗用車に加え、レーシングモデルが発表されることでも知られる博覧会。場内の特設コースでは、F1やGTマシン、Moto GPなどがデモランを行い、好評を博している。

  • 開催地

    イタリア・ボローニャ

  • 取扱品目

    乗用車、スポーツカー、オートバイほか

  • 開催周期

    年1回(11月)

ジュネーブモーターショー

スイスの地で開催される「スーパーカーの祭典」

日本では「ジュネーブモーターショー」として知られる世界5大モーターショーの一つ。ほかではあまり見られないスーパーカーが数多く登場し、「スーパーカーの祭典」とも称される。

  • 開催地

    スイス・ジュネーブ

  • 取扱品目

    自動車、電気自動車、特殊仕様車、OEM、デザインエンジニアリング、アクセサリー、部品、ガレージ設備ほか

  • 開催周期

    年1回(3月)

東京モーターショー

「環境」「安全」に取り組む国際モーターショー

世界5大モーターショーの一つ。市販車やコンセプトカーの世界初公開の場として利用されてきたが、近年は「環境」「安全技術」など社会的ニーズの解決にテーマが移行しつつある。

  • 開催地

    日本・東京

  • 取扱品目

    乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品、自動車関連サービスほか

  • 開催周期

    2年ごと(10月)

東京オートサロン

チューニングカー雑誌を出自とする自動車ショー

雑誌「OPTION」初代編集長が、カスタムカー文化を広めるため1983年より開催。各種パーツの展示販売だけでなく、自動車メーカーが新車発表を行う場としても発展している。

  • 開催地

    日本・千葉(幕張)

  • 取扱品目

    ドレスアップ & チューニングカー、タイヤ、ホイール、エアロパーツ、ハンドル、カーエレクトロニクス製品、アクセサリーパーツほか

  • 開催周期

    年1回(1月)

SEMA Show

ラスベガスで開催される世界最大の自動車パーツショー

特殊部品市場協会(SEMA)が主催する、アフターマーケット向け自動車部品の見本市。さまざまな製品デモンストレーションに加え、各種セミナーやイベントも数多く開催される。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    リスタイリングアクセサリー、カーケアアクセサリー、モバイルエレクトロニクス、トラック、SUV、ホイール、アクセサリーほか

  • 開催周期

    年1回(10~11月)

エッセンモーターショー

ドイツで開催される世界3大カスタムカーショーの一つ

東京オートサロン、SEMA Showと並び称される世界3大カスタムカーショーの一つ。レースカーやチューニング技術の展示、モータースポーツチームのブースなどが一般公開される。

  • 開催地

    ドイツ・エッセン

  • 取扱品目

    モータースポーツ、チューニング、スポーツカー、クラシックカー、オートバイほか

  • 開催周期

    年1回(11~12月)

イノトランス

最新の鉄道技術が世界各国より集結

国際色豊かな鉄道技術見本市。広大な屋外展示場が特徴で、公共鉄道網から直接引き込まれた屋外展示場の引込み線上に、さまざまな種類の実車輌が展示されている。

  • 開催地

    ドイツ・ベルリン

  • 取扱品目

    鉄道関連技術、コンポーネント、車両、システムほか

  • 開催周期

    2年ごと(9月)

ITS世界会議

世界レベルの有識者が交通問題を議論

世界のITS(高度道路交通システム)有識者が一堂に会し、世界レベルでの交通諸問題の解決とビジネスチャンスの創出について議論する国際会議。展示やデモも豊富だ。

  • 開催地

    世界各国

  • 取扱品目

    高度道路交通システム

  • 開催周期

    年1回(9月)

パリ航空ショー

航空宇宙機器の国際見本市

1924年より開催されている歴史ある航空ショー。パリ郊外にあるル・ブルジェ空港を舞台に、世界各国から選りすぐられた精鋭がデモンストレーション飛行を行う。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    航空機、宇宙船、衛星通信、航空機エンジン、システム、キャビンインテリア、生産設備、ソフトウェア、空港設備ほか

  • 開催周期

    2年ごと(6月)

ファーンボロー国際航空ショー

イングランド南部で開催される航空ショー

パリ航空ショー、ベルリン国際航空宇宙ショーと並び称される航空・宇宙関連の見本市。パブリックデーは大型ジェット旅客機の離陸が目近で見学できたりと、航空ファンに人気。

  • 開催地

    イギリス・ハンプシャー

  • 取扱品目

    航空宇宙産業全般

  • 開催周期

    2年ごと(7月)

ベルリン国際航空宇宙ショー

100年以上の歴史を誇る航空宇宙ショー

ベルリンのシェーネフェルト空港にて1909年に初開催された由緒ある航空宇宙ショー。会期前半はトレードデイとして関係者のみ入場が可能で、航空宇宙分野のセミナーも開催される。

  • 開催地

    ドイツ・ベルリン

  • 取扱品目

    飛行機、ヘリコプター、宇宙飛行、防衛技術、駆動システム、航空宇宙機器製造機械、空港技術、衛星技術ほか

  • 開催周期

    2年ごと(5月)

建設関連

INTERMAT

パリの広大な敷地で開催される建設機械の祭典

bauma、CONEXPO-CONと並び称される国際的な建機見本市。30,000㎡にもおよぶデモンストレーション用屋外エリアは比類のない規模で、世界中から関係者が見学に訪れる。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    建築資材用機械、工具、土木工事現場用機械、部品ほか

  • 開催周期

    3年ごと(4月)

INTERMAT ASEAN

欧州のINTERMATがASEANに進出

パリのINTERMATが2017年よりバンコクにて開催している国際建機見本市。大規模な開発が続く東南アジアにおいて大きな注目を集め、初年度には1万人以上が来場した。

  • 開催地

    タイ・バンコク

  • 取扱品目

    建築資材用機械、工具、土木工事現場用機械、部品ほか

  • 開催周期

    年1回(9月)

CONEXPO-CON/AGG

ラスベガスで開催される世界3大建機展の一つ

ドイツのbauma、フランスのINTERMATと並ぶ世界3大建機展の一つ。広大な敷地に2,400社以上の出展がひしめき合い、世界各国からバイヤーが訪れる。国際パビリオンも豊富。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    土木・建設用機器、技術、建設用資材、アスファルト、骨材、コンクリート、土工、リフティング、鉱業、公益事業

  • 開催周期

    3年ごと(3月)

bauma China

baumaが中国で開催する大規模建機ショー

ドイツのbaumaが中国・上海で開催する建機ショー。2016年は出展2,958社のうち866社が海外企業となり、中国国内だけでなく、アジア圏のバイヤーからも注目を集めている。

  • 開催地

    中国・上海

  • 取扱品目

    建築産業用機械、資材、建築資材製造機械、車両、建設用器具、クレーン、コンベアーほか

  • 開催周期

    2年ごと(11月)

BAU

ミュンヘンで開催される国際的な建築展覧会

2009年より開始された比較的新しい見本市で、会場の「Messe-Muenchen」に2,000社以上が出展。ヨーロッパ建築業界のトレンドが一望できる見本市として評価を得ている。

  • 開催地

    ドイツ・ミュンヘン

  • 取扱品目

    建築関連資材および加工機械、構造材、内装材、内装設備、エクステリア、プレハブ、住宅設計ほか

  • 開催周期

    2年ごと(1月)

bautec

ベルリンで開催される最新の建築技術見本市

2年ごとにベルリンで開催される建築技術の見本市。セミナーも数多く開催されており、建築家、施工者、施工業者、技術者、開発業者など関係者は必見のメッセと言える。

  • 開催地

    ドイツ・ベルリン

  • 取扱品目

    エクステリア、建築物保護材、化学合成材、建築機械、建築資材、屋根、ファサード建築、窓、ドア、門扉、プレハブ建築ほか

  • 開催周期

    2年ごと(2月)

International Builders' Show

全米住宅建設業者協会が主催する住宅見本市

1942年に設立された全米住宅建設業者協会(NAHB)が主催する見本市。建築構造品や資材、新技術の紹介の場であると同時に、セミナーを通じてビルダー教育の場としても機能している。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    一般住宅、建材全般

  • 開催周期

    年1回(1月)

ワールド・オブ・コンクリート

コンクリート業界のビッグイベント

コンクリートや石材などの建築資材、装飾材、建築機材など建設業界の最新情報が得られる国際見本市。最新技術の発表に加え、セミナーも数多く開催されている。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    コンクリート建設用設備、サービス、材料、化学品、舗装、セメント、支柱、電動工具、石工材料、建設資材ほか

  • 開催周期

    年1回(1月)

BATIMAT

最新の建築技術・資材が展示されるフェア

世界最大級の建築技術と資材の見本市。フランスにおいて2007年に発表された「環境グルネル」以降は、熱効率に関する新規制に対応した商品が数多く出品されている。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    建築設備、資材

  • 開催周期

    2年ごと(11月)

工作機械

欧州国際工作機械展

工作機械分野では世界最大のリーディング見本市

1975年に開始された工作機械の祭典。イタリア・ミラノと隔年で開催されているが、ハノーバーの展示が最大規模となり、代表的な製造技術メーカーのほとんどが出展する。

  • 開催地

    ドイツ・ハノーバー

  • 取扱品目

    工作機械、製造システム、研削盤、旋盤、フライス盤、計測器具、精密工具、ソフトウェアほか

  • 開催周期

    2年ごと(9月)

IMTS(シカゴ国際工作機械見本市)

北米トップクラスの工作機械見本市

30年以上にわたる歴史を誇り、日本では「シカゴショー」として知られる工作機械の国際見本市。会場となる「McCormick Place」は100,000㎡以上の展示スペースを誇る。

  • 開催地

    アメリカ・シカゴ

  • 取扱品目

    金属切削、工作機械、レーザー、添加剤、ソーイング、CAD/CAM、機械部品、クリーニング、品質保証ほか

  • 開催周期

    2年ごと(9月)

JIMTOF

日本発、世界3大工作機械見本市の一つ

1962年に大阪で第一回が開催された、世界3大工作機械見本市の一つ。工業立国・日本の技術水準を映す鏡として高い関心を集め、高度な情報交換の場としての地位を保っている。

  • 開催地

    日本・東京

  • 取扱品目

    工作機械、鍛圧機械、特殊鋼工具、超硬工具、ダイヤモンド工具、研削砥石、歯車装置、油圧・空気圧機器ほか

  • 開催周期

    2年ごと(11月)

中国国際工作機械展覧会

中国で開催される最大の工作機械展示会

今や世界最大の工作機械市場となった中国で年1回開催されている見本市。中国市場への進出をもくろむ海外メーカーと国内メーカーがしのぎを削り、トレンド発信の場として注目されている。

  • 開催地

    中国・北京

  • 取扱品目

    金属切削機械、電気加工・レーザー加工用機械、鍛圧プレス機、鋳造用機械、木工機械、プラスチック成型機械ほか

  • 開催周期

    2年ごと(4月)

Manufacturing Indonesia

30年近い歴史を持つインドネシア最大の工作機械展示会

豊富な人的資源を有し、中長期的な成長が期待されるインドネシアで開催される工作機械展示会。近年は省力・ファクトリーオートメーション化に長じた日本企業に注目が集まっている。

  • 開催地

    インドネシア・ジャカルタ

  • 取扱品目

    工作機械、金属加工機械、産業機械、オートメーション、工具、測定機器ほか

  • 開催周期

    年1回(11月)

GIFA

デュッセルドルフで4年に一度開催される鋳造機械の見本市

主に鋳造機材・溶融プラントを扱う国際的見本市。ほかに製鉄プラント専門のMTEC、工業炉を扱うTHERMPROCESS、鉄鋳物を扱うNEWCASTの計4博覧会が同時開催される。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    鋳造・溶融プラント、耐火物技術、造型プラント、鋳型・金型製作、制御システムオートメーションほか

  • 開催周期

    4年ごと(6月)

IT・家電・ゲーム

E3 Expo

西海岸で開催される世界的なゲームショー

毎年6月に開催されるゲームの祭典。大手パブリッシャーは本見本市に合わせて年末商戦の目玉となるタイトルを発表する。出展作品から選ばれる「Game Critics Awards」も注目の的。

  • 開催地

    アメリカ・ロサンゼルス

  • 取扱品目

    エンターテインメント、教育ソフト、コンピューターアクセサリー、インターネット関連サービス、マルチメディア周辺機器ほか

  • 開催周期

    年1回(6月)

gamescom

来場者数ではE3 Expoをしのぐゲームの祭典

ドイツ・ケルンでの開催ながら、出展企業・来場者ともに50%以上が外国からの参加という国際色豊かなゲーム見本市。来場者数ではE3 Expoや東京ゲームショウをしのぐ。

  • 開催地

    ドイツ・ケルン

  • 取扱品目

    ハードウェア、ソフトウェア、マーチャンダイジング、通信、インターネット、メディア、トレーニング、サービス、開発ほか

  • 開催周期

    年1回(8月)

東京ゲームショウ

コスプレも話題の日本発ゲームフェス

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が1996年より主催するゲームの総合展示会。来場者のコスプレが認められており、毎回大きな話題となっている。

  • 開催地

    日本・千葉(幕張)

  • 取扱品目

    ゲーム機、ゲームソフト、ゲーム関連機器ほか

  • 開催周期

    年1回(9月)

CTIA Super Mobility Week

成長著しい無線業界の最重要イベント

無線通信やコンバージドネットワーク、無線ブロードバンド、モバイルWebなど、今や1兆ドル規模となった無線業界の重要イベント。近年はIoT関連製品が注目を集めている。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    無線ネットワーク、モバイル、IoT、IT関連技術・製品ほか

  • 開催周期

    年1回(9月)

CEATEC JAPAN

IT関連の最新製品に触れる「体験型」のメッセ

毎年10月に幕張で開催されるアジア最大級のIT技術の国際展示会。最新製品を手にできる体験型の展示が特徴で、企業トップや国内外の要人によるセミナーも開催されている。

  • 開催地

    日本・千葉(幕張)

  • 取扱品目

    デジタル家電機器、通信、ネットワークサービス、ソフトウェア、電子部品、デバイス、電源ほか

  • 開催周期

    年1回(10月)

Mobile World Congress

携帯電話・モバイル業界の国際展示会

世界最大級の携帯電話、モバイル業界の国際展示会。主要な携帯電話事業者、端末メーカー、コンテンツプロバイダーなどにフォーカスしたカンファレンスが同時開催される。

  • 開催地

    スペイン・バルセロナ

  • 取扱品目

    モバイル装置、統合ソリューション、メモリー、モバイルコンテンツプロバイダー、ネットワーク、無線部品ほか

  • 開催周期

    年1回(2月)

Game Developers Conference

プロフェッショナルのみを対象としたゲーム産業イベント

毎年開かれる世界各国のゲーム開発者を中心とした会議。ユーザー向けのイベントと言うより、業界人によるチュートリアルなど、実務的な内容が中心となる。

  • 開催地

    アメリカ・サンフランシスコ

  • 取扱品目

    コンピューターゲームおよびゲーム開発関連、ビジュアルアーツ、デザインほか

  • 開催周期

    年1回(3月)

SXSW

音楽・映画・インタラクティブの一大フェスティバル

1987年に音楽フェスとしてスタート。以降は毎年規模を拡大し、音楽祭・映画祭・インタラクティブを組み合わせた大規模イベントに成長。ベンチャー企業の登竜門としても知られる。

  • 開催地

    アメリカ・オースチン

  • 取扱品目

    音楽、映画、インタラクティブ、ソフトウェア、ハードウェア、ソーシャルメディアほか

  • 開催周期

    年1回(3月)

医療・福祉関連

MEDICA

毎年11月に開催される医療製品の専門見本市

世界中の医療機関で使用される機器が一堂に会する祭典。展示分野は電子医療、治療、緊急医療、診断に関する機器、試薬から、IT技術、衣料に至るまで幅広い。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    電子医療機器、実験装置、救急装置、薬品、病院用備品、衣料品、医療家具ほか

  • 開催周期

    年1回(11月)

MD&M West

医療機器製造関連の展示会・国際会議

アナハイムで開催される北米最大級の医療機器展示会。世界各国から医療関係企業が出展するため、業界の最新トレンドを知り、取引を展開する上で重要な展示会として評価されている。

  • 開催地

    アメリカ・アナハイム

  • 取扱品目

    医療品、装置、包装技術、クリーンルーム、サービス、ラベル機器、試験技術、殺菌機器ほか

  • 開催周期

    年1回(2月)

REHACARE INTERNATIONAL

リハビリ・介護・福祉にフォーカスした見本市

世界的な高齢化を先導する医療機器のメッセ。世界各国のメーカーが新製品を発表するほか、介護・福祉関連団体が各種セミナーを開催。情報交換の場としても機能している。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    電子医療機器、実験装置、救急装置、診断機、薬、病院用備品、衣料品、医療家具ほか

  • 開催周期

    年1回(9月)

Arab Health

中東における最大規模のヘルスケア専門見本市

生活習慣病患者の増大が深刻化している中東において、大きな注目を集める医療機器展示会。2018年は4,100以上の企業が出展し、160ヶ国より8万人以上を集めた。

  • 開催地

    アラブ首長国連邦・ドバイ

  • 取扱品目

    医療技術、研究室機器、診断器具、病院用商品・消費財、外科手術用器具

  • 開催周期

    年1回(1月)

KIMES

医療産業に力を入れる韓国で開催される見本市

韓国の代表的な5展示会の一つ。韓国政府が主要産業として医療産業振興を推進しており、アジアのみならず世界中から関係者が来揚。各国企業とネットワークを築く絶好の場となっている。

  • 開催地

    韓国・ソウル

  • 取扱品目

    医療施設、病院設備、医療機器

  • 開催周期

    年1回(3月)

IDS ケルン国際デンタルショー

デンタル業界最大のトレードショー

歯科業界最大の国際見本市。口腔内スキャナーなど世界中から集まる革新的な技術・製品は、専門販売業者や医療サイドから毎回大きな注目を集めている。

  • 開催地

    ドイツ・ケルン

  • 取扱品目

    歯科関連製品、画像処理システム、口腔内スキャナー

  • 開催周期

    2年ごと(3月)

放送・広告・印刷

カンヌライオンズ

初夏のカンヌで繰り広げられる国際的広告の祭典

広告・コミュニケーション関連のアワードの中でも、エントリー数・来場者数ともに最大規模を誇る。One Show、クリオ賞と並び、世界3大広告賞に数えられるフェスティバル。

  • 開催地

    フランス・カンヌ

  • 取扱品目

    広告

  • 開催周期

    年1回(6月)

NAB Show

放送の枠を超えたデジタルメディアのコンベンション

毎年4月に開催される世界最大級の放送機器展示会。近年はデジタル技術の進展に伴う放送と通信の融合、デジタルシネマの定着、3Dの隆盛などを受け、コンテンツに比重が置かれつつある。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    ラジオ・テレビ放送、オーディオビジュアル、ポストプロダクション、フィルム、マルチメディア、オンライン、インタラクティブほか

  • 開催周期

    年1回(4月)

IBC 国際放送機器展

国際放送協議会が主催する放送テクノロジーの祭典

「王立テレビジョン協会」などオランダの6機関が統合した国際放送協議会(IBC)が主催する放送テクノロジーのイベントで、その内容・規模は世界最大を誇る。

  • 開催地

    オランダ・アムステルダム

  • 取扱品目

    放送関連、オーディオ、ビデオ、映画、照明、マルチメディア、ポストプロダクション、ラジオ、衛星放送、サーバー、Web TVほか

  • 開催周期

    年1回(9月)

drupa

印刷・メディア産業を総合的に扱う業界一のメッセ

50年以上にわたる実績から厚い信頼を集める印刷・メディア産業の見本市。プリプレス・ポストプレスはもとより、3D印刷、プリンテッドエレクトロニクスまで総合的に扱う。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    各種印刷機械、プリプレス、マルチチャンネル、ポストプレス、製本・加工・仕上げ機械、3D印刷、データ処理ほか

  • 開催周期

    3年ごと(6月)

IGAS

世界最大の印刷・出版関連の技術専門見本市

2年に一度、東京にて開催されるグラフィックアート関連4大国際展示会の一つ。プリントオートメーション技術、ソフトウェアなど印刷・メディアに関する新技術全般を扱う。

  • 開催地

    日本・東京

  • 取扱品目

    プリプレス関連機器、印刷機械、製本機械、紙工機械および関連システム、紙器、包装、スクリーンラベル印刷機ほか

  • 開催周期

    不定期

化粧品・美容関連

COSMOPROF WORLDWIDE BOLOGNA

美と健康の博覧会COSMOPROFの総本山

美と健康に関するあらゆる分野を網羅するユニークな展示会。ボローニャで1967年に発足し、メーカーから個人事業主に至るまで、新技術や創作をビジネスに発展させる機会を提供している。

  • 開催地

    イタリア・ボローニャ

  • 取扱品目

    香水、化粧品、ナチュラルヘルス、パッケージング、美容サロン、スパ、ヘアケア、ネイル

  • 開催周期

    年1回(3月)

COSMOPROF NORTH AMERICA

国別のパビリオンも設けられる理美容のフェスティバル

北米で唯一のBtoBビジネスを網羅する美容関係の展示会。製造業者、販売業者、サロン経営者、エステティシャンからバイヤーまでさまざまな関係者が集う。

  • 開催地

    アメリカ・ラスベガス

  • 取扱品目

    香水、化粧品、ナチュラルヘルス、パッケージング、美容サロン、スパ、ヘアケア、ネイル

  • 開催周期

    年1回(7月)

COSMOPROF ASIA

香港で開催される美容関連製品の祭典

化粧品・美容関連製品を取り扱うCOSMOPROFのアジア版。トップバイヤーが来場し、アジア市場における新たなビジネス開拓に直結する見本市として高い評価を得ている。

  • 開催地

    中国・香港

  • 取扱品目

    化粧品、トイレタリー製品、美容サロン・スパ関連用品、ヘアケア製品、ネイル関連用品ほか

  • 開催周期

    年1回(11月)

環境・エネルギー

GLOBE

北米最大級の環境・エネルギー国際見本市

世界各国から400以上の企業等が出品し、世界最先端の環境・エネルギー関連技術を競う国際的商談の場。近年は太陽光発電など省エネ・環境分野に注目が集まっている。

  • 開催地

    カナダ・バンクーバー

  • 取扱品目

    代替エネルギー、水供給、排水、気候変動、グリーンビルディング技術、廃棄物管理、リサイクル、都市環境管理ほか

  • 開催周期

    2年ごと(3月)

Intersolar Europe

ソーラー技術の国際的なプラットフォーム

世界最大のソーラー技術専門見本市として1991年に発足。世界的にクリーンエネルギーへの期待が高まる中、太陽光発電技術の発展を体現してきた同見本市も大きく注目されている。

  • 開催地

    ドイツ・ミュンヘン

  • 取扱品目

    太陽光発電、PV生産技術、エネルギー貯蔵、再生可能ヒーティング

  • 開催周期

    年1回(5月)

その他

productornica

エレクトロニクスの開発・製造技術が一堂に会するメッセ

ミュンヘンで「electronica」と交互に開催。取扱品目は、マイクロナノ製造技術や半導体、ディスプレイ製造機械など多岐にわたり、近年は受託製造サービスが注目を集めている。

  • 開催地

    ドイツ・ミュンヘン

  • 取扱品目

    半導体、ディスプレイ製造、マイクロナノ製造技術、太陽電池製造技術、オーガニックエレクトロニクスほか

  • 開催周期

    2年ごと(11月)

PITTCON

分析機器・理化学機器に関する世界最大の会議

主に分析機器およびその周辺機器に焦点を当てたシンポジウム。展示会も併催され、世界から多数の科学者、技術者、分析機器メーカー・ディーラーが参加する。

  • 開催地

    アメリカ・オーランド

  • 取扱品目

    研究室、実験室設備機器、分析化学応用分光器、関連分野用品ほか

  • 開催周期

    年1回(3月)

ACHEMA

3年に一度開催される世界的な化学技術展

製薬、食品、素材加工、パッケージング技術、環境対策、バイオテクノロジーなど幅広い分野にわたる先進的な見本市。近年は薬学、食品産業にもその範囲を広げている。

  • 開催地

    ドイツ・フランクフルト

  • 取扱品目

    ケミカルエンジニアリング、環境、バイオテクノロジー、資材試験、分析技術ほか

  • 開催周期

    3年ごと(6月)

K 国際プラスチック・ゴム産業展

プラスチックとゴムのすべてを扱うメッセ

世界中からプラスチックとゴムの専門家が集まる「K」。最大の特徴は数多く開催される専門家同士のセミナーにあり、そこでの対話から新たなソリューションが生み出されている。

  • 開催地

    ドイツ・デュッセルドルフ

  • 取扱品目

    原材料、補材、高機能樹脂、プラスチック・ゴム製品、加工技術、試験装置ほか

  • 開催周期

    3年ごと(10月)

The NAMM Show

西海岸で開催される世界最大規模の楽器ショー

アナハイムとナッシュビルで開催される楽器ショーで、世界中の楽器・音楽ソフトメーカーが参加する。一般人の入場は不可だが、場内では連日ライブが開催されている。

  • 開催地

    アメリカ・アナハイム、ナッシュビル

  • 取扱品目

    楽器、ステージ照明、音響装置、ソフトウェア、DJ機器、楽譜ほか

  • 開催周期

    年2回(1/7月)

ISPO

ヨーロッパ最大のアウトドアスポーツ用品展示会

1970年に開始された、世界最大規模のスポーツ用品展示会。2月にミュンヘンで開催されるためウィンタースポーツ関連の展示が多く、最新素材やパーツなどが多数出品される。

  • 開催地

    ドイツ・ミュンヘン

  • 取扱品目

    スキー・スノーボード用品、アウトドア各種用品、サーフィン、スケート用品、スポーツシューズ、登山用品ほか

  • 開催周期

    年1回(2月)

メゾン・エ・オブジェ

パリで開催されるインテリアデザインの祭典

毎年1月と9月に芸術の都パリで開催されるインテリアデザインの総本山。インテリアの最新トレンドを知ることができ、商品購入のため店舗経営者なども多数来場する。

  • 開催地

    フランス・パリ

  • 取扱品目

    インテリア全般、ギフト、雑貨、テーブルウェア、テキスタイル、家具ほか

  • 開催周期

    年2回(1/9月)

Interzoo

世界最大のペットショップ用品専門見本市

2年に一度ドイツで開かれる世界最大のペット及びペット用品の国際見本市。業界をリードする企業が1,100社以上出展し、業界のトレンドを把握できる。

  • 開催地

    ドイツ・ニュルンベルク

  • 取扱品目

    犬、猫、鳥類、小動物、水中動物、陸生動物、両生類、爬虫類飼養、ペット用飼料、ペット用品、アクセサリーほか

  • 開催周期

    2年ごと(5月)

国際見本市・国際会議参加の成功事例

Case-b0032

有名IT企業のプライベートイベントをツアー化

IT関連企業C社は、アメリカ・ラスベガスで開催されるクラウドコンピューティングの一大イベントAWSにおいてプライベートイベントを開催している。近畿日本ツーリストでは、そのイベントへの参加をツアーに仕立て、参加者を募集している。

  • 旅行先・実施先
    アメリカ
  • 概算
    ツアー代金 約40万円/人