全28コース・計2,500人が参加する大規模社員旅行をプロデュース

実施概要

全国に23ヶ所ある医療関係施設の運営を担うD社。福利厚生の一環として、全従業員とその家族が参加できる社員旅行を実施している。近畿日本ツーリストは、毎年2,500人あまりが参加するこの大規模な社員旅行のコース設定と運営を担当している。

  • カテゴリー

    社員旅行・職場旅行

  • 人数規模

    全28コース/計2,500人

  • 概算

    1万2千円/人

  • 旅行先・実施先

    関東を中心に全国の事業所発着

お客さまからの要望

  • 毎年同じ内容にせず、各年で特徴あるコースの提案
  • 福利厚生の一環のため、家族で楽しめるコースであること
  • 参加者が200名を超える人気コースの運営
  • 発地が多様になるため、人数確認など出発・集合時のフォロー

ストーリー

全国に23ヶ所ある医療関係施設の運営を担うD社。グループ本部では、福利厚生の一環として、全従業員とその家族が参加できる一泊(もしくは日帰り)の社員旅行を実施している。その内容は、全28コースの中から、好きなコース(旅行)を選べるもの。当社は、毎年2,500人あまりが参加するこの大規模な社員旅行のコース設定と運営を担当。家族で楽しむことができ、かつ新規性のあるコースの提案に加え、大規模な移動の舵取りが求められていた。

要望の解決

当社はまず、その年に開業・リニューアルした施設や、個人ではなかなか行きにくい旅行先を洗い出し、全28コースを提案。「子供が行きたい場所」という観点からもヒアリングを行い、実現の可能性を探った。また人数制限のあるコースに関しては、日付を複数設定し、可能な限り参加者の希望に沿えるよう調整した。開催が広範囲に及ぶ点については、全国にいる当社の添乗員を各出発地に配置し、お客さま本部事務局の負担軽減を目指した。

担当者の声

複数年開催している社員旅行のため、まず新規の提案に苦労しました。せっかく良い企画を考えても、受入人数や時間的な問題から実現が危ぶまれたコースもあり、調整は大変でした。しかし、当社は社員一人ひとりが得意分野を持っており、意見を求めると答えてくれる組織力があります。周囲の協力のおかげで、全28コースをまとめることができました。また添乗員も全国にいるので、複数発地の開催でも安心感がありました。

近畿日本ツーリストコーポレートビジネス 営業担当

田村博史