仲間づくりに最適なウォークラリー

実施概要

修学旅行は毎年旅行先が決まっている学校も多く、毎年同じコースをたどるケースも少なくない。近畿日本ツーリストでは、そうした問題を解決するオリジナルプログラムとして「ウォークラリー」を提案している。

  • カテゴリー

    教育旅行

  • 内容

    国内修学旅行

  • 旅行先・実施先

    鎌倉市、横浜市、東京都、京都府、奈良県、川越市

お客さまからの要望

  • 修学旅行に新しいプログラムを入れてほしい
  • 受け身の旅行ではなく、能動的に学ぶ機会を持ってほしい

ストーリー

国内修学旅行は、京都、奈良、東京などある程度旅行先が決まっており、マンネリ化という問題を抱えている。その上、定番の観光地をバスで回るなど、受け身の旅行に終わることも少なくない。当社ではそうした課題を抱える学校・教育関係者に向けて、オリジナルプログラムとして「ウォークラリー」を提案している。

要望の解決

「ウォークラリー」は、単純に地図に基づいてコースを歩くのではなく、その土地の歴史や文化に基づいたクイズを解きながら進めてゆく新しい形の修学旅行。チーム全員での力が発揮され、普段学校内では得られない、相手を思いやる気持ちや団結力が得られる。2019年現在当社では、鎌倉市、横浜市、東京都、京都府、奈良県、川越市の計6コースを用意している。

担当者の声

このウォークラリーは修学旅行の班別研修だけでなく、遠足や移動教室に取り入れることも有効です。実施した高校の先生からは「見て回るだけでなく、チームで協力し問題を解きながらの研修は有意義なものとなりました」との言葉をいただきました。

近畿日本ツーリスト首都圏企画担当

高橋正洋